忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
夫が[アルコール依存症][統合失調症]と言われた4年前。家出、借金、交通事故…。 前世療法に出会い、見つめなおした夫婦の絆。 家庭崩壊から再出発までの日々を綴った家族の記録。
2017/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[7]  [6]  [5]  [9]  [4]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

短大を卒業し、私は希望通り

冠婚葬祭業の会社に入社した。

当時山梨県ではブライダル最大件数を誇ったA社である。

私は自分の結婚式を自分で作りたい。

そんな希望だけで、就職先を決めた。

就職活動は一本。

他の企業には目もくれず、私はA社だけを希望した。

4月。無事に入社し、希望通りの部署に配属された。

仕事は辛かった。と言うより厳しかった。

新入社員研修は自衛隊より厳しいと評判だった。

深夜の脱走者が出るような新入社員研修である。

そんな厳しい研修と噂を聞きつつも私は数日前に、

『お祝いだ』と言って酒を飲み歩いていた。

そして、風邪を引き体調を崩したのである。

発熱しながら、三泊四日の研修を乗り切った。

研修中の睡眠時間、合計で8時間にも満たなかった。

余談であるが、入社当時から私は

『一番に会社を辞めそうなヤツ』と噂されていたらしい。

 

残念ながら辞めるわきゃーない。

結構ド根性あるのだよ。と心の中で思いつつ

私は会社に土台を作って行った。

鼻血が出るほど働いた。(←これ本当の話。)

でも、辞めようと思った事はなかった。

しかし、3年が過ぎる頃、私の意に反した事業部への異動が打診されたのだった。

それは『セレモニー事業部』。葬儀屋だ。

冗談じゃない!なんで結婚前の若い娘が死んだ人相手にしなきゃならないんだ!

結婚式の仕事をしたくてやってきたのに、葬儀なんかしない!

もう辞めてやる。フンッ!

そう決めて、内示の夜辞表を書いた。

 

一ヵ月後。

私はずいぶんと仕事にもなれ、新しい先輩たちの中に居た。

『イヤなら辞めていい。でも、一度やってから決めたらどうだ?』

F部長の言葉に従って良かった。本当にそう思う。

その会社では、本当にいろんなことを学んだ。

私は、馬車馬のように働いた入社当時よりも葬儀に関わった事のほうが

私にとっての影響は大きかったと思っている。

嫌なことも、やってみたら本当に魅力のあるやりがいのある仕事だったのだ。

 

 

私のセラピールームはなの紹介はこちら

http://chi-miwa.lovepop.jp/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへランキング参加中です。ポチットご協力お願いします。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
一日の始まり
07/11/04 昨日の夜は、テレビで洋画を見ていたらいつの間にか12時近くになっていた。  それから寝たのだが、やはりいつものように朝は早く目が覚めてしまい、4時には起きてしまった。  朝起きて、反射式のストーブを点け温まってから、いつものようにコーヒーを炒れて飲む。  もう5時近くになるが、カーテン越しに窓の外を覗くがいつものように真っ暗闇で、高速道路を照らす外灯の明かりと走る車のライト
URL 2007/11/04(Sun)09:48:31 TOP▲
  • ご注意ください
このブログは、私個人の体験と主人の変わっていく様子をつづったものです。 医師の診断を批判したり、否定するものではありません。ご承知の上、閲覧していただきますようにお願いしたします。
  • プロフィール
HN:
miwa
性別:
女性
職業:
セラピスト 
自己紹介:
幸せな結婚生活を夢見た私が結婚後すぐに直面したのは夫の家出。借金。そして家庭崩壊。
セラピーに出会い、ヒーラーとしての道を選んだ私は一年半の苦難を乗り超えて、今、夫そして3人の子供たちと支えあい生きています。
”セラピールームはな”主催。
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • アーカイブ
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © 前世から絆 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]